「花まる学習会」は、公教育をどう変えるのか?

大人気塾のメソッドが公立小学校に!

それは、親もいけないんですよ。文章題と計算は、ぜんぜん別のことだというのを、親もわかっていないから。やっぱり親としては、子どもが計算できるとうれしいから、そこで終わってしまいがちなんですよね。

教育にもPDCAの考え方が必要

親はすぐ「あなたは計算ができるのに、なんで文章題ができないの!」と言って子どもをしかりがちですが、「ちゃんと読みなさい」と言って、ちゃんと読める子なんか、いませんよ。

「精聴」ができて「精読」ができるから、文章題をできるようになるのです。

――なるほど。文章題ができないのは算数ができないからではなく、「聴く・読む」の力が足りないからなのですね。

そういうことです。「この子は文章題ができない」となると、単純に「たくさん文章題をやらせよう」という方向にいってしまいますが、やるべきことはそれではありません。

「なぜ、できないか」という原因をしっかり突き止めて、「こういう力が足りないから、それはこう伸ばせばいい」という方向を見つけなければならないのです。

つまり、PDCA(Plan計画→Do実行→Check確認→Action行動)に基づいて考える必要があるのです。うちはそういう手法があるから、いろんな場で欲しがられているわけなのですけれど。

しかも、子どもがみんな「楽しい」ということも、保証されていますから。ここでは、なんでも楽しくなければアウトですからね。

この4月に武雄市で始まる「官民一体校」のモジュールには、こういったうちのノウハウがたくさん詰まっているのです。(次回に続く)

(撮影:梅谷秀司)
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT