すき家、なぜ今になって「牛丼値上げ」なのか

浮かび上がる"2つの伏線"と"1つの疑問"

牛肉価格が下落しているにもかかわらず、すき家が値上げに踏み切るのはなぜなのか――。ある焼き肉チェーン首脳は、足元の牛肉価格の変化について「中国で米国産牛肉の輸入規制が厳しくなっているため」と説明する。

年末年始から取り締まりが強化

値上げした牛丼は消費者に受け入れられるか

2003年12月に米国でBSE(牛海綿状脳症)が発生して以降、米国産牛肉の輸入を禁止している中国。だが、実際には香港やベトナムを経由し、米国産牛肉が現地で流通してきた。

ところが、この年末年始ごろから中国当局の取り締まりが強化されたため、「米国の肉業者が中国向けを意図した輸出を抑え始めた」(前出の焼き肉チェーン首脳)。結果として中国向けの輸出量が減っていることが、足元の下落につながっている。

ただ、「円安の定着や、豚や鶏に比べ飼育期間が長い牛の特徴なども考えれば、今回の下落は一過性にすぎない」(別の牛丼チェーン幹部)。

興津社長も「中長期でみれば、高い水準であることには変わりない。こうした点も考慮して、今回の価格改定に踏み切った」と語る。2011年には米国産の冷凍バラ肉が1キログラム当たり500円台だったことを踏まえれば、足元の価格は決して低くはないというわけだ。

さらにすき家は目下、労務環境の改善に向け、いわゆるワンオペ(接客、調理、清掃などすべてを1人でこなす深夜の勤務体制)の解消を進めている。複数勤務体制が整わずに深夜休業している店舗は、昨年10月の1254店から今年3月末時点で616店にまで減少した。すき家としては人手を確保し、1日も早い全店再開を目指す方針だが、こうした施策による人件費の上昇も、今回の値上げとは無縁ではないだろう。

「値上げに踏み切っても、商品のブラッシュアップで入客数は伸びる」と見る興津社長。吉野家では値上げ以来、今年の1月、2月と前年同月比で18%程度の客数減が続いている。すき家の新牛丼は消費者にどう受け入れられるか。4月以降の月次動向が、今後のすき家を占う大きなポイントになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日系小売企業が本格進出<br>変貌するインドビジネス

日系企業は製造業が半分近くを占めるインド市場。ここへきて小売企業の進出表明が相次いでいます。サントリー、ココイチ、セブン-イレブン、ユニクロ、メルカリなど、人口増と若者の旺盛な消費意欲を取り込む各社の戦略に迫ります。