アリ型ロボットが未来の工場の主役に?

<動画>ニュータイプの「働く昆虫」が登場

本文がナレーションの日本語訳となります(音量にご注意ください)

アリと高度に組織化された彼らのコロニーは、その集団的知性と勤勉さで有名である。アリたちはコミュニケーションをとり、協力する。つまり彼らは、個人ではなく集団としてはるかに大きな仕事を達成するのだ。

ドイツ企業のフェスト社が、このような人工のアリを人間の手のひらほどのサイズで開発した。

このテクノロジー企業は、世界の働き者であるアリたちの生体構造と協調性を、3Dプリントのデザインの中にコピーした。

ロボットのアリたちは、カメラとフロアセンサーを使って自分たちの位置を把握する。彼らにはものを掴んで移動させるためのグリップと6本の脚があり、まるで自然界のアリのようだ。

アリロボットが工場で働く?

彼らはワイヤレスでコミュニケーションをとることができるので、協力するのに何の問題もない。さらに昆虫の充電は、彼らについている特別なアンテナを使って簡単に行うことができる。

アリロボットの開発者たちは、製造がもっとカスタマイズされれば、将来的にこの蟻たちのようなロボットが工場で働くこともあるだろうと話している。

フェスト社は自分たちの勤勉なミニチュアロボットを、4月に行われる世界最大の産業テクノロジーフェアで披露する予定だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。