孫正義氏の"懐刀"が明かす最強の投資術

「ベンチャー投資家は将来を感じ取れ」

ベンチャー投資家は将来の動向を感じ取るセンサーというか、そうした能力が必要だ。その意味で、孫社長は世界でもトップレベルの将来を感じるセンサーを備えた人物だ。私たちはそれには遠く及ばない。

パートナーの共通点は「好奇心が強いこと」

週刊東洋経済2015年4月4日号(3月30日発売)の特集は『ベンチャー投資の舞台裏』。今、事業会社によるベンチャー投資が活発化しています。その狙いや舞台裏に迫ります。→購入はこちら

私も含めて、ソフトバンク・ベンチャーズ・コリアのパートナーはクレイジーな人々だ。共通点は好奇心が強いこと。将来のあらゆることに対して「どうなるのか」と考えている。その答えを個別のサービスや技術に求めるのではなく、それを生み出す人を発掘することにあるのではないかと考えている。将来の社会をよりよくしたり、人のためにソリューションを生み出したりできる人を探したい。そんな気持ちがベンチャー支援につながっている。

――韓国でも多くの起業家が誕生している。現在の投資環境は?

朴槿恵政権が発足してから、韓国経済の成長エンジンとして、創造性を発揮した事業を作っていこうと、ベンチャーも推進されてきた。ベンチャー投資を促進するための特別予算は、今でも100億ドル相当が確保されている。環境が整ったことで、現在、新たな企業の設立件数は歴史的な高水準だ。また、10年、15年前の起業家と比べると、最近の起業家の能力は格段に高いと思う。

ただし、問題もある。そもそも、新しい事業や革新を起こす技術があるのかどうかということだ。これから国としても取り組む必要があるだろう。また、韓国だけでは市場規模や人口が限られている。これから起業する若者は、最初からグローバル展開を視野に入れなければならないだろう。われわれも大半の投資先は韓国企業。グローバル展開を目指す企業に投資していきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。