「格差」と「10代のセックス」の意外な関係

カナダ名門大講師が教える恋愛の経済学

また、性的に活発なティーンエージャーのうち、男性の92%以上、女性の86%は、最近の性行為で何らかの避妊手段を用いています。このように禁欲的に見えることとは裏腹に、同じ年、15歳から19歳までの女性が延べ36万7752人の子供を産んでいます。この年齢層のざっと3.5%が出産していることになります。

この率は1991年から2010年にかけて3分の1以上減っていますが、米国は相変わらず先進国で最もティーンエージャーの出産率が高い国で、隣国カナダの倍以上に及びます。

この10代の出産数の減少は、中絶がしやすくなったからではありません。2006年の米国の10代の中絶率は、1991年のそれの半分にも及びません(それぞれ女性1000人当たり16人と37人)。

公衆衛生の研究者ジョン・サンテリとアンドレア・メルニカスは、1991年から2005年にかけての10代の出産率低下について、もっぱら避妊手段をより慎重に用いるようになったためと結論しています。

「格差への絶望」が妊娠のコスト意識を下げる

さらに10代の妊娠率には、その学校がどのような地域にあるかも影響します。

エコノミストのメリッサ・スケッティーニ・カーニーとフィリップ・レヴィンの論文では、生徒の経済的背景の多様性が、妊娠率に大きく影響しているという興味深い証拠が示されています。

米国の興味深い特徴は、10代の妊娠率が州によって大きく違うことです。彼らはこうした特徴を利用して、所得格差が10代の妊娠率にどんな影響を与えているのかを調べました。

その結果、所得格差が非常に大きい州の恵まれない住民の間には絶望が広がっており、それが高校時代に妊娠することのコスト意識を下げると論じています。彼女たちは、10代で母親になろうがなるまいが、どうせ自分は今以上の経済状態にははい上がれないと考え、それはおそらく正しいのです。

次ページ経済環境が変われば、文化も変わる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT