ローソンは、一流の上司をどう育てるか?

赤羽雄二×ローソン玉塚元一社長が激論!

玉塚:上に立つほど「伝わっているつもり」になりがちです。朝礼で話をして、伝えたつもりでも、実は10のうち2、3くらいしか伝わっていないということだってありえるわけです。

「部下にやらせたほうがいい」は上司の逃げ

まずは上司自身が、自分が求めているアウトプットやゴールのイメージをしっかり伝えることが必要です。そのうえで、そこにたどり着くためには、「ここを押さえて、ここを詰めて、このレベルの成果物を作る」、と明確に示さないといけないわけです。「ここまでやるんだよ」ということを具体的に図や文章で示して、踏み込んで関与するということがとても大事ですよね。

勘違いしてしまいがちなのが、「部下にやらせたほうがいい」という言葉。

赤羽 雄二(あかば・ゆうじ)
東京大学工学部を1978年に卒業後、小松製作所で建設現場用ダンプトラックの設計・開発に携わる。1983年よりスタンフォード大学大学院に留学し、機械工学修士、修士上級課程を修了。1986年、マッキンゼーに入社。経営戦略の立案と実行支援、新組織の設計と導入、マーケティング、新事業立ち上げなど多数のプロジェクトをリード。1990年にはマッキンゼーソウルオフィスをゼロから立ち上げ、120名強に成長させる原動力となるとともに、韓国企業、特にLGグループの世界的な躍進を支えた。2002年、「日本発の世界的ベンチャー」を1社でも多く生み出すことを使命としてブレークスルーパートナーズ株式会社を共同 創業。最近は、大企業の経営改革、経営人材育成、新事業創出、オープンイノベーションにも積極的に取り組んでいる

赤羽:そう、「部下にやらせたほうがいい」というのは、上司の逃げですね。

玉塚:そのとおりだと思います。仮にやってもらうとしても、乱暴な仕事の与え方だと、どうすべきかが伝わらない。

上司が部下に対してゴールイメージ、アウトプットイメージを明確に示し、指導育成し、セクションのアウトプットの量や質を引き上げる。これを全社で実現することができれば、組織全体の成果は飛躍的に高まりますね。

赤羽:組織全体が変われば、生産性は軽く数倍上がりますね。アウトプット作成のイメージを共有することはすごく大事です。たとえば、書類や企画書だったら、上司はどういうアウトプットを期待しているのかを30分程度でたたき台として作成し、部下に説明して取り組んでもらう。所定の1週間や1カ月の間、頻繁に部下とミーティングし、部下ができないところを補っていく。そうすると、部下は過剰なストレスなく、途方に暮れることもなく、時間内にうまく仕上げていくことができます。

上司はあまりうまく教えない、あるいは教えられないから、部下が過剰にもがくことになるのです。水の中に投げ込んで「自力で泳いでみろ」と。しかし、多くの場合、部下はおぼれてしまうんですね。それで上司は、「ダメだなお前は」と罵倒してやらせるものの、最後は上司が自分で何とかせざるをえなくなって、結局、時間切れになる。その間、ほかの部下がほったらかしにされます。

玉塚:組織としては極めて生産性が低いですよね。丸投げしている上司は、そのほうが部下は育つと思っているのでしょうが、決してそんなことはない。もともと簡単なビジネスなんてないし、競争環境はどんどん厳しくなっている。その中で最適解を導き出しながらPDCAを回していこうとすると、上司は部下と一体になって関与し、具体的なビジョンを示していかないと対応できないと思います。

次ページ個人のスピードが上がれば組織はよくなる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング