異次元ではない「確かな少子化対策」が身近にある これからは「地方自治体の役割」が一段と重要に

✎ 1〜 ✎ 151 ✎ 152 ✎ 153 ✎ 最新
拡大
縮小

ここから先はおなじみの競馬コーナーだ。15日は中京競馬場で日経新春杯(G2、第11レース・芝2200メートル)が行われる。以前は京都競馬場の芝2400メートルで行われていたが、改修工事のためにここ3年は中京競馬場の芝2200メートルで行われている。

当初はジャパンカップ3着のヴェルトライゼンデでいいだろう、と思っていたけれども、斥量が59キロと聞いて考え直した。57キロまでしか背負ったことがない馬にしては、ちと見込まれすぎたのではないか。陣営としてもこのレースは叩きに使い、次は海外遠征へと考えるだろう。そこで評価を対抗に落としたい。

日経新春杯は「非エリートコンビ」を応援

代わりに見つけ出した本命は、昨秋のオールカマーでヴェルトライゼンデに先着しているロバートソンキーだ。6歳馬だが、キャリアはまだ11戦と少ない。

過去に2200メートルでは4走して「2-1-1-0」、中京競馬場では3走して「2-0-1-0」と好成績を残している。伊藤工真騎手が継続して乗っていることも好印象。来れば人馬ともに初重賞となるが、ここは「非エリートコンビ」を応援してみたい。個人的には5年前、これまた晩成タイプの6歳馬、重賞未勝利だったパフォーマプロミスがこのレースに勝利したことを思い出す。

穴馬にはこれも中京を得意とするイクスプロージョンを。後は4歳馬の中から、ヴェローナシチーとプラダリアを押さえておこう。

かんべえ(吉崎 達彦) 双日総合研究所チーフエコノミスト

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

Kanbee

吉崎達彦/1960年富山県生まれ。双日総合研究所チーフエコノミスト。かんべえの名前で親しまれるエコノミストで、米国などを中心とする国際問題研究家でもある。一橋大学卒業後、日商岩井入社。米国ブルッキングス研究所客員研究員や、経済同友会代表幹事秘書・調査役などを経て2004年から現職。日銀第28代総裁の速水優氏の懐刀だったことは知る人ぞ知る事実。エコノミストとして活躍するかたわら、テレビ、ラジオのコメンテーターとしてわかりやすい解説には定評がある。また同氏のブログ「溜池通信」は連載500回を超え、米国や国際政治ウォッチャー、株式ストラテジストなども注目する人気サイト。著書に『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)、『アメリカの論理』(新潮新書)など多数。競馬での馬券戦略は、大枚をはたかず、本命から中穴を狙うのが基本。的中率はなかなかのもの。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT