ヤマト運輸が茨城県全域での通常の宅配便サービスを再開【震災関連速報】

ヤマト運輸が茨城県全域での通常の宅配便サービスを再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸が20日午前8時より茨城県全域での通常の宅配便サービスを再開した。これまでは茨城県の一部(北茨城市、高萩市、日立市、常陸太田市、常陸大宮市、久慈郡大子町)での宅配便サービスを休止していた。

ヤマト運輸は18日午後3時より青森県、秋田県、山形県の東北3県全域での宅配便の取り扱いを再開。これら東北3県の103店の直営店への荷物の持ち込み、同店での荷物の引き取りが原則で、青森県は8時~17時、秋田県と山形県は8時~18時の時間帯で荷物の持ち込み、受け取りが可能となっていた(クール便やコンビニでの受付は対象外)。

秋田県下の秋田市、横手市、能代市、山形県下の山形市、天童市、米沢市、鶴岡市では、通常の集荷や配達も18日に再開したほか、20日からは秋田県下の潟上市でも通常の荷物受配送を再開する。

20日午前11時現在で、ヤマト運輸の宅配便は、宮城県、岩手県、福島県を除く全国への荷物の発送や受け取りが可能になっている。同業他社では、佐川急便が東北6県で営業店止めサービスを再開したほか、20日より栃木県や茨城県宛ての時間帯指定サービスを再開した。一方、ゆうパックの日本郵便は東北6県や茨城県の荷物の受発送を停止したままだ。
(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT