【産業天気図・家電/デジタル機器】価格下落が続き我慢の年に。焦点は薄型テレビ“2強”の覇権争い

●お天気概況
 昨年途中まではデジタルAV機器の活況に沸いた家電業界だが、価格下落が予想以上の速さで進み、収益的には厳しい環境に立たされている。しかも、今年は昨年と違ってアテネ五輪のようなビッグイベントがないだけに、まさに我慢の年になる。とりわけ昨年度の業績悪化が著しかったソニーやパイオニア、三洋電機、日本ビクターは今年が正念場だ。一方、液晶で安定した収益が見込めるシャープ、白モノ家電で独り勝ちの松下電器産業は今年も強さが再確認されるだろう。

●今後の注目点
 注目は薄型テレビのシェア争いだ。DVDレコーダーは価格下落で早くも儲からない商品になっており、薄型テレビでの勝敗は今まで以上に大きな意味を持つ。もっとも、現在の販売状況を見る限り、液晶はシャープ、プラズマは松下の勝利がほぼ確実。今年1番の注目点は、薄型テレビを巡るこの2強の覇権争いだろう。
【渡辺清治記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。