冷凍母乳が売れる!期待と不安の製品開発

低体重児の栄養補給や腸疾患に効果あり?

グレッティ・アマジャは母乳を売りこの5カ月で2000ドル以上を稼いだ(写真:Ryan Stone/The New York Times)

5カ月前、マイアミに住むグレッティ・アマジャが無給の産休を取った時、彼女は生活費を稼ぐために「副業」を始めた。生後間もない娘に与えた母乳の残りを売るのだ。これまでに2000ドル以上を稼いだ。

アマジャの冷凍母乳は、全米のほかの数百人の母乳とともに医薬品工場によく似た工場に空輸される。その内部で母乳は濃縮されて高タンパク製品となり、新生児集中治療室にいる超低出生体重児に与えられる。同製品の赤ちゃん1人当たりの売り上げは数千ドルだ。

可能性に満ちた母乳

太古の昔から存在し、基本的な栄養源である母乳は、いまや産業用の原料となりつつある。同時に、さまざまな懸念を持たれながらも、急成長するバイオテクノロジー産業の最前線ともなっている。母乳加工用の工場を所有するプロラクタ・バイオサイエンスは、ベンチャーキャピタルから4600万ドルの投資を受けた。

同社CEOのスコット・A・エルスターは、「母乳は白い血漿(けっしょう)のようなもの」と語る。血漿はドナーから集められて免疫グロブリン製剤などの医薬品の原料となり、感染症の予防や血友病の血液凝固などのために用いられる。彼は母乳をこの血漿にたとえている。

次ページ母乳活用は赤ちゃん以外にも広まるか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT