工事車両暴走で死者「インドネシア高速鉄道」の闇 早期開業圧力のしわ寄せ?線路敷設機材が大破

拡大
縮小
インドネシア高速鉄道工事の事故現場
インドネシア高速鉄道の線路敷設現場で線路の終端を突破、大破した機材と機関車(写真:Ferry Setiawan、動画より)
この記事の画像を見る(11枚)

インドネシアの一大国家プロジェクトとして進む鉄道建設の現場で、またしても信じられないような事故が発生した。

12月18日17時前、ジャカルタ―バンドン高速鉄道の建設工事現場で、機関車の後押しにより回送中だった軌道敷設用の機材(連続軌道敷設機材、TML)が線路終端部分を突破、冒進して掘割ののり面に衝突し大破した。当時、この機材に乗車していたと思われる中国人作業員のうち2人が死亡、5人が重軽傷を負った。

インドネシアでは、2021年10月にジャカルタ首都圏で建設中の軽量高架鉄道「LRTジャボデベック」でも有人試運転中の列車が規定を大幅に上回る速度で前方の車両に衝突するという大規模な事故が発生している。

線路のない区間を100m「暴走」

高速鉄道とLRTジャボデベックは共に国費を投入しないPPP事業として着工した、ジョコ・ウィドド大統領肝いりのプロジェクトだが、どちらも2019年開業という当初目標から大幅に遅れている。予算が膨れ上がり、やむなく国費を投入、それでもなお資金が不足しているという点も両プロジェクトは共通している。大統領の任期満了も迫る中、関係者には「2023年開業厳守」という圧力が政府からかかり続けており、その歪みが再び露呈したといえる。

筆者は事故当日の昼過ぎまでバンドンに滞在し、工事現場の視察をしていた。事故発生の一報を知り、まさか数時間前まで見ていた現場のすぐ近くでこんな事故が起こるとは、いったい何があったのか理解が追い付かなかった。明らかに作業手順が従来とは異なっていたからである。

インドネシア高速鉄道工事現場で脱線したDF4D型機関車
高速鉄道の建設現場で架線柱をなぎ倒しながら「暴走」した機関車(写真:Ferry Setiawan、動画より)

事故当時、線路上を走行していたのは中国から輸入した中古のDF4B型機関車7553号機とTMLの2両で、DF4B型がTMLを推進運転(機関車が後押しして走行)していた。詳細は後述するが、これは通常では見られない運行形態であり、しかも線路の終端から約100mもバラスト(敷石)の上を「暴走」してのり面に衝突したのだ。

次ページ中間駅から7km区間の線路敷設完了日に発生
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT