京セラは水晶デバイスや半導体封止材など福島、山形の2工場で稼働停止長引く【震災関連速報】

京セラは水晶デバイスや半導体封止材など福島、山形の2工場で稼働停止長引く【震災関連速報】

京セラは、東日本大震災の影響でグループ会社の2工場で稼働停止状態が続いている。

震災直後から生産を停止しているのは、京セラケミカルの郡山工場(福島県郡山市待池台)と京セラキンセキ山形(山形県東根市大字東根甲)。17日夜の時点で稼働再開のメドは立っていない。

郡山では主に半導体の封止材料として使われる有機材料を、山形ではスマートフォンや携帯電話の部品として欠かせない材料である水晶デバイスをそれぞれ生産している。建屋と設備の損傷があるうえ、電力などのインフラの復旧に手間取っているようだ。

地震直後に一時は生産を停止した、PHS端末および基地局製造の福島棚倉工場(福島県東白川郡棚倉町大字流字中豊)、有機材料製造の川口工場(埼玉県川口市)、川崎工場(神奈川県川崎市)などは一部で生産を再開している。ただ、関東・東北地域の計画停電の実施内容によっては、今後、生産への影響を及ぼすおそれもある。

(写真は京セラキンセキ山形)

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。