京セラは水晶デバイスや半導体封止材など福島、山形の2工場で稼働停止長引く【震災関連速報】

京セラは水晶デバイスや半導体封止材など福島、山形の2工場で稼働停止長引く【震災関連速報】

京セラは、東日本大震災の影響でグループ会社の2工場で稼働停止状態が続いている。

震災直後から生産を停止しているのは、京セラケミカルの郡山工場(福島県郡山市待池台)と京セラキンセキ山形(山形県東根市大字東根甲)。17日夜の時点で稼働再開のメドは立っていない。

郡山では主に半導体の封止材料として使われる有機材料を、山形ではスマートフォンや携帯電話の部品として欠かせない材料である水晶デバイスをそれぞれ生産している。建屋と設備の損傷があるうえ、電力などのインフラの復旧に手間取っているようだ。

地震直後に一時は生産を停止した、PHS端末および基地局製造の福島棚倉工場(福島県東白川郡棚倉町大字流字中豊)、有機材料製造の川口工場(埼玉県川口市)、川崎工場(神奈川県川崎市)などは一部で生産を再開している。ただ、関東・東北地域の計画停電の実施内容によっては、今後、生産への影響を及ぼすおそれもある。

(写真は京セラキンセキ山形)

(前野 裕香 =東洋経済オンライン)

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。