【産業天気図・不動産業】ファンドも入り乱れて落札価格が高騰。金利上昇がない限り晴れ間は続きそう

●お天気概況
 3月下旬に公表された今年1月1日時点の公示地価では、東京都心5区の平均地価が実に15年ぶりの上昇を記録。地方圏でも前年の6.5%減から6.0%減へ8年ぶりに下落幅が縮小し、下げ止まりの様相を見せ始めている。特に都心の好立地ではファンドも入り乱れた入札競争の激化で、落札価格が高騰。ファンドの転売先であるJ‐REIT(不動産型投資信託)が今年10法人ほど上場を予定していることも市場の過熱化を促している。

●今後の注目点
 バブル期と違うのは、あくまでインカムゲインを前提にした価格付けが行われていること。利回りは3~4%台に低下したが、現在の低金利状況でイールドギャップ(不動産の利回りから借入金利を引いたもの)は確保できている。ただ今後、金利上昇局面があればイールドギャップが縮小し、調整局面が訪れることもあるだろう。
【藤尾明彦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT