パウエル議長利上げ減速シグナルを政策転換と誤解 金利を長期間にわたり高水準に維持する公算大

拡大
縮小

11月30日の米債券・株式市場で強気の賭けを行った投資家は、先行きひどく失望する公算が大きい。パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長は同日、利上げのペースを12月にも落とす可能性に言及したが、投資家はこれを政策スタンス変更に向けた発言と誤って解釈した。

私が聞いた限りでは、タカ派がハト派に転じたという事実はない。パウエル議長は実際、労働力需要が引き続き供給を上回っており、高止まりするインフレを退治するには成長率がしばらくの間、トレンドを下回る必要があると述べた。

議長はまた、物価の安定を取り戻すため、金利を一定期間、高水準に維持する必要性を指摘するとともに、インフレ率の鈍化があっても、その後、しばしば上振れのサプライズに見舞われる可能性にも言及した。こうした発言のどこがハト派的というのか分からない。

特に不可解なのは株価上昇だ。このところの金融状況の緩和をパウエル議長が押し返さなかったことが理由かもしれないし、議長の講演が終わったことで一安心したためかもしれない。

だが理由はどうあれ、金利を長期間にわたり高水準に維持する公算が大きいと、米金融当局者が一貫して表明してきた事実に投資家は今後数日間に再び取り組むことになるだろう。そして、そこに株式や債券に強気になる要素はない。

(免責事項:ブルームバーグが提供するブログ形式の「マーケッツ・ライブ」に掲載された投稿記事です。投稿者の独自の視点を提供、投資助言を意図したものではありません。市場分析をご覧になるにはMLIV)

原題:Investors Have Misjudged a Slower Pace for a Fed Pivot(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Alyce Andres

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT