中国「iPhone工場」、従業員が"大量離職"の大混乱 工場周辺に労働者が次々現れ、SNSでも大騒ぎに

拡大
縮小
中国にある鴻海精密工業のiPhone生産工場で従業員の大量離職が起きている(写真は2021年8月の武漢工場)(写真:AP/アフロ)

世界最大のiPhone生産拠点である鴻海精密工業の鄭州工場(中国・河南省鄭州市)が大混乱している。

鄭州市内で新型コロナウイルスの感染が拡大した10月中旬以降“封鎖”下での生産体制に移行し、感染の不安や封鎖生活のストレスから従業員が大量離職。

11月22日から23日にかけては手当を巡って従業員と当局が衝突し、動画がSNSで拡散した。鴻海は11月下旬の生産正常化を目標にしていたが混乱収束のめどが立たず、同社だけでなくアップルの業績にも深い影を落としている。

「工場2万人感染」「従業員が脱走」SNSで飛び交う情報

鄭州工場の異常事態は最近始まったことではなく、1カ月半にわたって続いている。それが最初に表面化したのは10月下旬、やはりSNSでの拡散だった。

広州や鄭州など、地方の大都市で感染がじわじわ広がる中、「工場内で2万人が感染した」というデマがSNSのウェイボ(微博)でトレンド入りした。鴻海は「操業は通常どおり」と否定したものの、前後して鴻海の出稼ぎ従業員と見られる労働者が工場周辺に次々に現れ、「脱走か」と騒然となった。

鴻海や元従業員によると、鄭州工場では10月に感染者が出始め、同月13日にバブル方式を導入した。従業員に寮、ホテルなど決められた場所と工場以外への立ち寄りを禁止し、建物ごとにPCR検査場を設置したほか、食堂を閉鎖した。従業員は食事のたびに自室に戻って1人で弁当を食べることとなり、不安やストレスからさまざまな憶測とデマが飛び交うようになったという。

次ページiPhoneの需要ピークと重なる
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT