映画音楽の巨匠「モリコーネ」密着取材で見た素顔 『夕陽のガンマン』など多くの作品を発表

拡大
縮小
映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』より©2021 Piano b produzioni, gaga, potemkino, terras(東洋経済オンライン読者向けプレミアム試写会への応募はこちら

『夕陽のガンマン』『アンタッチャブル』『ミッション』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』――。生涯で500曲以上の作品を発表してきた映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネ。唯一無二の旋律で映画に愛と命を吹き込んだ彼は、まさに映画に愛された作曲家だった――。

2020年7月に91歳で逝去した天才作曲家エンニオ・モリコーネに、5年以上かけて密着取材を敢行したドキュメンタリー映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』が2023年1月13日よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開となる。

モリコーネと家族ぐるみで交流してきた監督

12月21日(水)に独占試写会を開催します(上記画像をクリックするとオンライン試写会応募画面にジャンプします)

本作のメガホンをとったのは『ニュー・シネマ・パラダイス』(1988年)以降、すべての長編映画でモリコーネとコンビを組んできたジュゼッペ・トルナトーレ。

彼のことを親しみを込めてペップッチョと呼び、家族ぐるみで交流してきたモリコーネは生前、「(自分から)一番多くを学んだのはトルナトーレだね。いまではわたしに助言をくれるほどになったよ」(エンニオ・モリコーネ、アレッサンドロ・デ・ローザ著『あの音を求めて』(フィルムアート社)より)と語るなど、彼には全幅の信頼を寄せていた。

それゆえ、モリコーネのドキュメンタリーという企画が立ち上がった際は「ジュゼッペが撮るならやってもいい。彼以外ならダメだ」と釘をさしたほどだった。トルナトーレ自身、8歳でバッハを聴き始めるなど、音楽に対する並々ならぬ愛情を示してきた人物。もちろんモリコーネに会う前から、彼の音楽の大ファンだったことは言うまでもない。

次ページ天賦の才を持った職人だった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT