松下幸之助は「人間90%は運命」と考えていた

残り10%の努力が運命を切り拓く

松下が、自分は運が強いと思っていたことは確かだ。人間は、運があるかどうかによって、人生が決まってくると考えていた。それが運命ということになるだろう。しかし、だからといって、運がすべてかというと、ある重要な部分は、人間の努力、熱意によって、人生を変えることができる、運とか運命を動かすことができるという考えも強く持っていたように思う。

「これも、ふっといま思ったんやけどな。今日までの自分を考えてみると、やはり、90%が運命やな、運やな。」

人生のすべてが己の意のままではない

「日本人として生まれたのも、この時代に生まれたのも、わしの意志ではない。たまたま、偶然に生まれてきた。生まれた家も、環境も、いわば運命や。わしが決めたものではないわな。

電気屋の仕事をやるにしても、わしがもし大阪でない別のところにいたらどうであったか。電車を見ることもなかったから、電気の仕事をやろうと、ひらめくこともなかったやろうな。たまたま大阪の街におった。特にとりたてて力のない平凡なわしが、一応仕事だけでも成功したということを思えば、なおさらのことやな。

そういうことを考えてみると、人間は、ほとんどが運命やと、つくづく感じるな。もっとも、わしのこういう考えに反対する人もおるやろうけど、その人は、なかなか力強い人であると。人間には運はない。運命なんかない。すべてその人の力であると。実力であり、努力が人生のすべてを切り拓(ひら)く、と考える人もおるやろう。まあ、そこまででなくとも、努力が大きいと。そう考える人も多いやろうな。

けどな、そう考えるとすれば、人間は、努力すれば必ず成功するということになる。しかし、実際には、決してそういうことではないわね。人生、すべて己の意のままに動かせるということはない。それは、ひとつの運命をそれぞれ担っておるからやな。

成功するためには、努力しなさいという。そして、一生懸命努力したと、あの人と同じように努力したと。けど、あの人は成功したけど、自分は失敗したと。そういう場合もあるな。それは努力が足らんかったとは言い切れんことがある。ひとつの運命として考えんといかんかもしれん。

次ページ努力は必要
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT