マレーシア人監督「日本映画」に思う"海外との差" 日本の会社に就職し、中国で映画作りを学んだ

拡大
縮小
リム監督(左)が地方のミニシアターを回った際の写真(C)cinemadrifters
全国のミニシアターが登場するロードムービー『あなたの微笑み』が現在公開中だ。映画監督が自分の映画を公開してもらうために全国のミニシアターを沖縄から北海道まで行脚する様子を描いた本作は、ミニシアター愛にあふれ、自主映画の監督の苦境もリアルに描き出す。今回は、映画監督までの道のりや世界の映画製作、ミニシアターの事情について海外でも映画製作経験のある監督のリム・カーワイさんに聞いた。

 

【あらすじ】
何もない栃木の田舎町で、くすぶり続ける映画監督の渡辺紘文。東京国際映画祭で数々の受賞歴を持つ渡辺は、自他ともに認める“世界の渡辺”であるが、今は脚本も書けず、大手映画会社から依頼がくることもなく、日々を過ごしていた。そんなある日、旧知のプロデューサーから、世界的映画監督”KOREEDA”の代打で沖縄での映画製作の話が舞い込むが、事態は一転、自分の作品を上映する劇場を探すため全国のミニシアターを訪ね歩くことに。そして、道中に出会った不思議な少女に導かれて渡辺が辿り着いた場所は――。

理系学生として「ものづくりの国」日本へ留学

――リム監督は、1973年にマレーシアで生まれ、1993年に大阪大学基礎工学部に入学しています。

マレーシアは民族が多く、特定の民族に対する優遇政策を実施していますが、メインのマレー系の人を優先するような政策があります。僕は中華系ですが、マレー系の人を優先して入学させる制度があったので、マレー系以外の人は海外の大学に留学するのが自然でした。マレーシアはイギリスの植民地だったので、アメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏の大学に留学する人が多かったですね。

ただ、僕は人と同じことをするのが嫌で、あまりみんなが行かない日本に行きたいと思っていました。

そして、ちょうど僕が高校を卒業した頃、当時の首相のマハティール氏が “日本から学ぶ”という「ルックイースト政策」を打ち出し、日本留学ブームが起きていました。

次ページその後中国に渡った理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT