【産業天気図・トラック】10月の新長期排ガス規制で特需発生!「2強2弱」の業界地図に大波乱も

●お天気概況
 世界で最も厳しいディーゼル排出ガス規制と言われる「新長期排ガス規制」が10月に全国一律で導入される。そのため買い替え特需という追い風が吹くだろう。普通トラック全需は前期比10%増の約11万台予想。好採算の国内販売が伸びるため、業界首位の日野自動車が過去最高収入を、2位のいすゞ自動車が過去最高益を更新する勢い。ただ販売競争が激化し、値引き合戦が繰り広げられている。鋼材など原材料高の影響も避けられない。青空が広がるものの、利益圧迫要因が残るため、順風満帆とはいかないだろう。

●今後の注目点
 業界4位の日産ディーゼル工業に注目。昨年11月に「新長期排ガス規制」対応の大型トラックを他社に先駆けて市場投入した。尿素水を利用して排ガス成分を分解する「尿素SCRシステム」を搭載し、排ガス対応システムの世界標準を狙う。リコールの影響で3位の三菱ふそうがシェアを落とす中、「2強2弱」と言われる業界に順位変動の波乱が起きるかもしれない。
【梅咲恵司記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。