「無職の人が通う学校」入学試験での心えぐる質問 漫画「無職の学校~職業訓練校での200日間~」(第1話)

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
『無職の学校~職業訓練校での200日間~』 ©清家孝春/小学館

“働く”ことに向き合う、心温まる社会派ドラマ。

『無職の学校~職業訓練校での200日間~』(小学館)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします 

職業訓練校。

ここは、年間約500人の失業者が、再就職を目指す場所。

年齢も、過去も、すべてがバラバラな人々をつなぐのは、彼らが全員“無職”だということ。

高校卒業後、7年間バイト生活のみで、同居の姉に助けられ生きてきた利隆。

しかし、姉が婚約をしたことをきっかけに“姉ちゃんをしっかり送り出したい”と思い正社員を目指すことに。

職業訓練校での200日間で、利隆はどんな大人になっているのだろうか――。

『無職の学校~職業訓練校での200日間~』(小学館)より一部抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(35ページ)
清家 孝春 漫画家

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

せいけ たかはる / Takaharu Seike

1993年1月10日生まれ。愛媛県宇和島市吉田町出身。大阪市在住。
『雲がちぎれるとき』にて、第78回小学館新人コミック大賞 青年部門入選。
実際に職業訓練校に通っていた日々を元に、2022年3月より「週刊ビッグコミックスピリッツ」にて『無職の学校~職業訓練校での200日間~』を連載中。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT