駐日中国大使、「村山談話の堅持」を希望

戦後70年談話に対して注文

(写真:masaya / Imasia)

[上海 13日 ロイター] - 駐日中国大使の程永華氏は、英字紙チャイナ・デーリーとのインタビューで、日本が戦時中の行為についてあいまい、あるいは挑発的なスタンスを示した場合、 日本の平和に対する決意に疑念を抱くことになると述べた。安倍晋三首相は、戦後70年にあたる今年、談話を発表する予定。

チャイナ・デーリーが13日掲載したインタビューで、程大使は、日本が「正しい姿勢をとり」、村山富市首相(当時)が戦後50年の節目に発表した談話(村山談話)など、正しい姿勢を堅持することを中国は希望しており、日本が平和の道を歩み続けることを期待すると語った。

村山元首相は、10日、ロイターのインタビューに応じ、安倍晋三首相が今夏発表する戦後70年談話について、内容によっては日本が孤立しかねないとの懸念を示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT