駐日中国大使、「村山談話の堅持」を希望

戦後70年談話に対して注文

(写真:masaya / Imasia)

[上海 13日 ロイター] - 駐日中国大使の程永華氏は、英字紙チャイナ・デーリーとのインタビューで、日本が戦時中の行為についてあいまい、あるいは挑発的なスタンスを示した場合、 日本の平和に対する決意に疑念を抱くことになると述べた。安倍晋三首相は、戦後70年にあたる今年、談話を発表する予定。

チャイナ・デーリーが13日掲載したインタビューで、程大使は、日本が「正しい姿勢をとり」、村山富市首相(当時)が戦後50年の節目に発表した談話(村山談話)など、正しい姿勢を堅持することを中国は希望しており、日本が平和の道を歩み続けることを期待すると語った。

村山元首相は、10日、ロイターのインタビューに応じ、安倍晋三首相が今夏発表する戦後70年談話について、内容によっては日本が孤立しかねないとの懸念を示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT