駐日中国大使、「村山談話の堅持」を希望

戦後70年談話に対して注文

(写真:masaya / Imasia)

[上海 13日 ロイター] - 駐日中国大使の程永華氏は、英字紙チャイナ・デーリーとのインタビューで、日本が戦時中の行為についてあいまい、あるいは挑発的なスタンスを示した場合、 日本の平和に対する決意に疑念を抱くことになると述べた。安倍晋三首相は、戦後70年にあたる今年、談話を発表する予定。

チャイナ・デーリーが13日掲載したインタビューで、程大使は、日本が「正しい姿勢をとり」、村山富市首相(当時)が戦後50年の節目に発表した談話(村山談話)など、正しい姿勢を堅持することを中国は希望しており、日本が平和の道を歩み続けることを期待すると語った。

村山元首相は、10日、ロイターのインタビューに応じ、安倍晋三首相が今夏発表する戦後70年談話について、内容によっては日本が孤立しかねないとの懸念を示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • インフレが日本を救う
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。