中国、日本も記念軍事パレードに招待へ

王外相「すべての関係者に招待状を出す」

会見を行う王外相

[北京 8日 ロイター] - 中国の王毅外相は8日、第2次世界大戦の終結から70年に合わせて開く軍事パレードをめぐり、全ての国家指導者を歓迎すると述べ、敵国だった日本の安倍晋三首相も招待する可能性を示した。

開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に合わせて記者会見した王外相は、安倍首相を招待するかとの問いに対し「われわれは関係する全ての国家指導者および国際組織に招待状を出す。誠意を持って来る限り、われわれは誰であろうと歓迎する」と述べた。

その上で、同相は「70年前、日本は戦争に負けた。70年後に日本は良知(是非善悪を判断する生まれつき備わった道徳意識)を再び失うべきではない」と述べ、歴史認識で日本をけん制した。
 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT