【産業天気図・工作機械】自動車向け好調に加え重厚長大産業の需要も急増。「好況は3年続かず」のジンクスは過去の話に

●お天気概況
 工作機は3年目の好況に突入した。2003年の受注は前年比26%増、04年45%増を受け、今年の1~3月も24%増の勢いが続いている。「4月も月間受注は過去最高を更新した」(射出成形機のソディックプラステック)。「今年1年分の仕事量はすでに8割方確保済み」(横中ぐりフライス盤の倉敷機械)。絶好調を支えるのは、もちろん自動車業界の旺盛な投資意欲だ。半導体、デジカメなどIT業界向けの回復は今秋以降にズレ込みそうだが、造船、航空機、鉄鋼など重厚長大産業の需要も大きく膨らんでいる。

●今後の注目点
 悩みのタネは部材高だが、大半の企業は操業度の上昇で吸収する。ただ、切削工具の材料のタングステン、モリブデンは3~10倍にハネ上がった。切削工具各社は再値上げを予定しているが、「顧客は調達を優先している。価格は通りやすくなっている」(杉本商事)。「好況は3年は続かない」との工作機業界の鉄壁のジンクスは、破られようとしている。
【梅沢正邦記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。