新MacBookは、「選びにくい機種」だった

現時点では万人受けしない

MacBookは薄型にこだわるべく、キーボードにも手を入れている。新たにパンタグラフ式の浅いタッチのキーボードを採用している。

その人が慣れているモノが「使いやすい」という感覚的な問題もあるので一概に言えないが、これまでのMacBook AirやMacBook Proに慣れてきた人にとっては、しばらく違和感があるかもしれない。

キーボードのストロークは浅くなった

何となく、だんだんタッチが浅くなっていって、最終的には深さがなくなる、という世界もあるんじゃないか、とすら思ってしまう。

もう一つのインターフェイス、トラックパッドも進化を見せた。Apple Watchでは、Force Touch(強く押し込む)が認識できる仕組みだが、新しいMacBookにもこれが採用された。なお、同時にアップデートされたMacBook Pro 13インチRetinaディスプレイモデルにも採用されている。

押し込む動作を認識できるため、筆圧感知にも対応する。Appleはサインを書く様子を見せたが、太さや払いなどをトラックパッドで再現できるようになる。

加えて、こちらもApple Watchに内蔵されているTapTic Engineも内蔵。トラックパッドから指先へのフィードバックが行われるようになり、インターフェイスの新しい触感が加わるだけでなく、今後ユニバーサルデザインの機能としても活用していくことになるだろう。

現段階では、選びにくい機種

MacBookは、現段階においては、「万人向けのコンピュータ」と言い切ることはできない。新しいため全く普及していないUSB-Cのみをインターフェイスに採用したこと、Retinaディスプレイ搭載といえども15万円弱という価格からしか用意されていないことなどから、積極的には選びにくい機種といえる。

しかしアップルは、このノートパソコンが、向こう5年近くにわたって、「ノートパソコン」という存在のスタンダードであるという気合いで作ったことも確かだ。例えばiMacやMacBook Airは、実際に業界全体がそのトレンドを追いかけた経緯がある。

今回も、Intel Core Mプロセッサを搭載したコンピュータについては、同様のことができるはずだ。唯一の違いは、他のメーカーはiPhoneを作っていない、ということ。あるいはApple Watchも有していない、ということだ。

テクノロジーブランドから、ややラグジュアリー寄りのライフスタイルブランドへと変化しようとしているアップル。MacBookの成否についてすぐに答えを出す必要はないが、戦略上、意外と重要な製品になるのではないか、と考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。