【産業天気図・鉄道】本業の足踏みを関連事業で補い「晴れ時々曇り」継続

鉄道会社の多くは2004年度に続き05年度も経常利益が最高益を更新しそうだ。定期を中心に運輸収入は伸び悩むが、関連事業(レジャー、不動産等)で補う形が続く。
 業界総体としては基本的に業績好調だが、JR東日本のみ新潟中越地震の影響が出る。04年度減収分として140億円、震災特損350億円を見込む。ただ05年度への影響は軽微で、業績の波乱要因にはならない。福岡県西方沖地震に見舞われた西日本鉄道も、影響は軽微の見通しだ。
 関連事業として面白いのがJR東日本の「Suica」。IC乗車カードとして出発、電子マネーなどに拡大してきた。01年にサービスを開始し、3年半で1000万枚を超えた。06年1月にはモバイル型の携帯電話搭載型Suicaが登場し、さらなる拡大が期待できる。
 そのほか駅周辺の再開発事業にも各社注力している。JR西日本の大阪駅再開発(11年開業予定、総事業費1500億円)、阪急電鉄の西宮北口再開発(06年開業予定)、JR東日本の東京駅八重洲口再開発(11年開業予定、総事業費1450億円)などのほか、東急電鉄も渋谷駅の再開発に乗り出してくる。
 本体の鉄道事業の苦戦を他の事業でカバーするという形は、当分続くだろう。
【田北浩章記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT