ダルビッシュ、修復手術なら今季は絶望

右肘側副靱帯を部分断裂

右肘側副靱帯を部分断裂していることが判明した

[7日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)レンジャーズは7日、精密検査の結果、ダルビッシュ有投手が右肘側副靱帯を部分断裂していることが判明したと発表した。

レンジャーズはほかの医師の意見も聞くとしているが、ダルビッシュ投手はトミー・ジョン手術と呼ばれる靱帯の修復手術を受けた場合、今季絶望となる。

ダルビッシュ投手は声明で「今季プレーできなくなったら残念だが、セカンドオピニオンも聞いて、あらゆる可能性について検討したい」と述べた。

ダルビッシュ投手は昨季、右肘の炎症でシーズン最後の7週間を欠場。5日のオープン戦に初先発したが、1イニングで降板していた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT