ダルビッシュ、修復手術なら今季は絶望

右肘側副靱帯を部分断裂

右肘側副靱帯を部分断裂していることが判明した

[7日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)レンジャーズは7日、精密検査の結果、ダルビッシュ有投手が右肘側副靱帯を部分断裂していることが判明したと発表した。

レンジャーズはほかの医師の意見も聞くとしているが、ダルビッシュ投手はトミー・ジョン手術と呼ばれる靱帯の修復手術を受けた場合、今季絶望となる。

ダルビッシュ投手は声明で「今季プレーできなくなったら残念だが、セカンドオピニオンも聞いて、あらゆる可能性について検討したい」と述べた。

ダルビッシュ投手は昨季、右肘の炎症でシーズン最後の7週間を欠場。5日のオープン戦に初先発したが、1イニングで降板していた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT