「セット割」で熱戦、まだ通信料金は下がる

ドコモとソフトバンクが激突

苦戦が続くドコモにとって、セット割は起死回生の一手となるか

「今ならキャッシュバック7万円です!」「ソフトバンク光、いかがですか?」3月1日、家電量販店には多くの客が訪れ、店頭では携帯売り場のスタッフが熱心に呼び込みをかけていた。

この日、NTTドコモとソフトバンクが光回線とスマートフォンの「セット割引」サービスを本格的にスタート。待ちに待ったセット割引の登場で、3月商戦は各社の顧客囲い込み競争が過熱しそうだ。

大幅割引は家族の共有を想定

各社のサービスの特徴は、スマホのデータ通信量が多いユーザーほど割引額が大きくなる点だ。

ドコモの場合、スマホの割引額は月3ギガバイトプランの500円から始まり、30ギガバイトで最大3200円の割引になる。10ギガバイト以上のプランは家族で共有するケースを想定しており、家族ごとドコモで囲い込む作戦だ。ソフトバンクも同様に、データ量が多いプランほど割引される。ドコモが対象外とした2ギガバイトプランについても500円を割引する。30ギガバイトプランでは2000円の割引となる。

一方、KDDIは2012年3月から「auスマートバリュー」というサービス名のセット割引で先行し、主にドコモからユーザーを獲得してきた。同社は2月26日、ライバルのサービス開始を前に、10ギガバイトと13ギガバイトプランの割引額を1410円から2000円に増額。追随するライバルに真っ向勝負を挑む考えだ。

ユーザーにとって、セット割引のメリットは大きい。ドコモとソフトバンクはNTT東日本、西日本の光回線「フレッツ光」の卸売りを受けて、サービスを提供するモデルだ。そのため、現在フレッツ光のユーザーなら、開通工事をすることなく、そのまま割引の恩恵を受けられる。

次ページ個別ケースで料金変化
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。