米国の戦略拠点を縮小、ソフトバンクの誤算

シリコンバレー拠点の理想と現実

2014年11月の中間決算会見で、孫社長は米スプリントの反転攻勢を強調していた。(撮影:梅谷 秀司)

米シリコンバレーに構えたソフトバンクの戦略拠点が、早くも大幅な軌道修正を強いられている。

2013年9月に開設した新オフィスは4階建てのビル2棟。携帯端末の調達や開発、ネットワーク試験、現地企業との連携など、多くの役割を担い、1000人規模が働く一大拠点にするつもりだった。

だが現実は、孫正義社長が描いた構想に遠く及ばない。目下、拠点で働くのは90人足らず。ソフトバンクは70人弱の社員を送り込んでいるが、その大半を占め、端末開発を手掛けるプロダクト・サービス部隊が2月末までに日本に引き揚げる見通し。警備など現地で採用した総務スタッフの一部も解雇している。

ほとんどが空きスペース

経営戦略や企画担当の人員が残るものの、入居しているグループ会社を考慮しても、30人ほどの陣容になりそうだ。ほとんどが空きスペースとなっている片方のビルでは、テナント募集が検討されているもよう。“中核拠点”で何が起きているのか。

これには、米携帯業界4位のTモバイルUSの買収中止と、同3位で2013年に傘下に収めたスプリントの体制変更が関係している。

ソフトバンクは当初、通信規格が共通するTモバイルを含めた3社の共同開発拠点を作ることで、コストを削減する狙いだった。そのため、Tモバイル獲得が確定するまでは、新オフィスへの本格的な投資が凍結されていた。

次ページ陣容を縮小するワケ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT