新章BTS、逆境でも揺るがないこれだけの理由 年下メンバー、華やかな笑顔の裏に秘めたもの

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

JUNGKOOKがBTSのメンバーとしてデビューしたのは15歳のとき。一番年下で、当時は他のメンバーに比べると精神的に未熟な状態だったはずです。リーダーのRMにあこがれて、今の事務所入りを決めたのは有名な話ですが、RMをはじめとする年上メンバーから大いなる影響を受けて、精神的にもっとも成長したのは彼なのではないでしょうか。

現在のJUNGKOOKの才能は、そのほとんどがメンバーの中で育まれたと言っても過言ではありません。一番年下だったぶん、年上メンバーのひとりひとりを憧れの対象として、その長所を存分に吸収したのが彼なのです。その意味で、彼こそが「ミスターBTS」と言える存在です。

彼は、歌やダンスなど何をやっても完璧な末っ子という意味で、「黄金マンネ」と言われています。誰が見てもそう思えますが、むしろ彼を彩っているのは、この詩の中にあるような「痛みを鎮(しず)めてほしいと祈るのではなく 痛みに打ち克(か)つ心が欲しいと」という、もっと強くなりたい、もっとできるようになりたいというたゆまぬ克己心です。周囲からどれだけ完璧と言われようと、本人はまだまだ足りないと努力し続けたから、いまの彼があるのです。

JUNGKOOKは当初、他のメンバーがうらやましかったかもしれません。SUGAやRMが自分自身の必然の中から言葉を放つことができること。JIMINやJ-HOPEが情熱を込めた唯一無二のダンスを踊れること。Vがほとんど天然で魅力的な個性を発揮していること。JINが肝心なときにまわりに流されない独特の気質を持っていることなど。そんな年上メンバーたちに彼はきっといまもあこがれを抱いていて、それが彼自身の表現を探すために努力する原動力になったことは想像に難くありません。

JUNGKOOKが最初から持っている、何色にも染まることができる色のなさや大衆性が、BTSがメジャーになる過程において決定的に重要だったことは疑う余地がありません。JUNGKOOKの透明な明るい歌声だからこそ、彼らの切実なメッセージがファンたちの心に真っ直ぐに届いた。まさに彼はBTSの宝です。

メンバーから「人と人との距離感」を学ぶ

人との距離
1本の木の表面には見えない体積と表面に現れた部分
それぞれが異なるようでいて釣り合うところ
私があなたのところに行ってくる距離と
あなたが私のところに来て帰る距離は
同じようで同じではありません。
 
空のような海の広さと海のような深い空の色
並んで扉の中に入ってみると
互いの風はすぐに目が合います。
ところが、私があなたのところへ行って帰ってくる時間
あなたが私のところに来てから去っていく時間が
少しずつずれていき
私たちはいつも根こそぎ揺さぶられたものでした。
花を踏みにじって手に入れた抽出液に
花の美しさは見いだせないように
好きな人のそばにこぶのようにくっついていても
その人との距離は縮まりません。
 
花と花のように美しい人は
目の前にいるときには
あえて遠くにいるように眺めるべきで
遠くにいるときは
あえて目の前にいるように見つめるべきです。
 
誰もが、生まれるときと死ぬときを異(こと)にするせいで
花や花のように美しいものに向かう道は
この道以外にはどこにもないのだそうです。
─―作者未詳
次ページ見えてきたメンバー同士の関係性
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT