日本ゼオンは生産設備、人的被害なし【震災関連速報】

日本ゼオンは生産設備、人的被害なし【震災関連速報】

古河系で合成ゴムや光学フィルムなどを手掛ける化学メーカー、日本ゼオンは15日、東日本大震災による生産設備や従業員への被害はないと発表した。

日本ゼオンの国内工場は高岡(富山県)、川崎(神奈川県)、水島(岡山県)、徳山(山口県)の4拠点。いずれも今回の震災で被害が大きかった地域とは離れていたことが奏功したと見られる。

一方、電力や原材料の供給状況によっては、今後の生産活動に支障を来す可能性があることや、物流面での混乱など伴って一部地域への製品出荷が滞る可能性があることについても示唆した。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。