日本ゼオンは生産設備、人的被害なし【震災関連速報】

日本ゼオンは生産設備、人的被害なし【震災関連速報】

古河系で合成ゴムや光学フィルムなどを手掛ける化学メーカー、日本ゼオンは15日、東日本大震災による生産設備や従業員への被害はないと発表した。

日本ゼオンの国内工場は高岡(富山県)、川崎(神奈川県)、水島(岡山県)、徳山(山口県)の4拠点。いずれも今回の震災で被害が大きかった地域とは離れていたことが奏功したと見られる。

一方、電力や原材料の供給状況によっては、今後の生産活動に支障を来す可能性があることや、物流面での混乱など伴って一部地域への製品出荷が滞る可能性があることについても示唆した。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。