日本ゼオンは生産設備、人的被害なし【震災関連速報】

日本ゼオンは生産設備、人的被害なし【震災関連速報】

古河系で合成ゴムや光学フィルムなどを手掛ける化学メーカー、日本ゼオンは15日、東日本大震災による生産設備や従業員への被害はないと発表した。

日本ゼオンの国内工場は高岡(富山県)、川崎(神奈川県)、水島(岡山県)、徳山(山口県)の4拠点。いずれも今回の震災で被害が大きかった地域とは離れていたことが奏功したと見られる。

一方、電力や原材料の供給状況によっては、今後の生産活動に支障を来す可能性があることや、物流面での混乱など伴って一部地域への製品出荷が滞る可能性があることについても示唆した。

(武政 秀明 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。