テレ東「深夜ドラマ」プロデューサーが語る仕事論 「取り残されたジャンルに果敢に攻めていける」

拡大
縮小
『来世ではちゃんとします』など、これまでにないヒロインの登場するドラマを手がけてきた祖父江里奈さん。仕事にかける思いや、ドラマを通じて伝えたいことなどを伺いました(写真:玉井美世子)

テレビ東京の深夜ドラマ枠のプロデューサーとして活躍する祖父江里奈さん。これまでにないヒロイン像を描き出すことで、特に同性から大きな支持を得ています。

人気ドラマを次々と生み出す祖父江さんは何を思い、どんな信念を持ってドラマを作っているのでしょうか。

いつも謝ってるし、お願いしてます

── 祖父江さんのお仕事はドラマのプロデューサーですが、端的にいうとプロデューサーとは何をする人なのでしょうか。

本記事はLEON.JPの提供記事です

祖父江里奈さん(以下、祖父江):プロデューサーの最大のミッションは、無事に予算内で期日までに作品を納品することです。まず、企画を最初に立ち上げたら、スタッフ集めと出演者のキャスティング。

それと同時並行で、脚本の制作を脚本家とともに進めます。原作があるものも、どの部分を使うかの選定が必要です。その後は、撮影現場から映像の編集まで、制作の全体を見守る役割です。
 
── 盛りだくさんな業務内容ですね。仕事で難しいと感じるところは?

祖父江:それはですね〜、複雑な人間感情の交通整理(笑)。ドラマはとにかくいろんな人が集まって作っているので、意見がぶつかることも多々あるんですよ。脚本家はこうしたいけど、監督はこうしたい、俳優はこうしたい、原作サイドや俳優の事務所やテレビ局からも意見がある……ってなった時に、全員の言い分を聞いて、と、もうずーっと交通整理をやってます(笑)。

次ページプロデューサーは偉くなんかないです
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT