のん、チャレンジの原動力は意外にも「怒りの感情」 ポジティブな性格は「育った環境にあるかも」

拡大
縮小
のんさんを挑戦へとかき立てる「負の感情」とは?(写真:洞澤 佐智子(CROSSOVER))
のんさん:「のん」になってから、新しい道を切り開くためにずっと挑戦を続けてきました。だから、チャレンジすることは好きです。 
本記事はWoman type(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

大きな瞳でじっとこちらを見つめ、彼女は穏やかな口調で話し始めた。 

俳優・創作あーちすととして活動するのんさん。2016年7月に自身が代表取締役を務める個人事務所・株式会社nonを設立し、俳優業を中心に、映画制作やYouTube配信などでユニークな表現活動を続けてきた。 

そんなのんさんにチャレンジを続ける原動力を聞くと、「負の感情があるから挑戦できる」という答えが返ってきた。一体どういうことなのだろうか。 

「大好きなことを絶対に諦めない」共通点 

今回のんさんが挑戦したのは、魚類学者でありメディアでも活躍するさかなクンの半生を描いた映画『さかなのこ』で主人公のミー坊を演じることだ。 

「ミー坊」はさかなクンの小学生時代の愛称で、つまりさかなクン本人。実在する異性を演じるのは、のんさんにとって初めてのことだった。 

ただ、意外にも「ミー坊と私には共通点があり、演じやすかった」のだという。 

のんさん:ミー坊は、どんなことがあっても、大好きなお魚と向き合うことは絶対に諦めないんです。そういうところが私と彼の共通点だなって思いました。

例えば、私はお芝居が大好きだから、何か難しいことや辛いことがあっても「お芝居のことなら、絶対にどうにかできるだろう」って思っちゃうんですよ。好きなことのためなら、何でもできるというか。 
(写真:洞澤 佐智子(CROSSOVER))
次ページ実在する人物を、異性が演じることについて
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT