「障害者雇用率が高い会社」ランキングTOP100社 障害者雇用率の高い業種・低い業種はどこか

✎ 1〜 ✎ 103 ✎ 104 ✎ 105 ✎ 106
印刷
A
A
ランキング100位以内で人数が最多だったのは、ドン・キホーテなどを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

毎年9月は「障害者雇用支援月間」だ。国や地方自治体を中心に、さまざまな障害者の雇用促進イベントやセミナーが開催される。東洋経済でも毎年「障害者雇用支援月間」に合わせて、障害者雇用率ランキングを発表している。今回も『CSR企業総覧(雇用・人材活用編)』2022年版掲載企業1631社のうち、2020年度に障害者を3人以上雇用している企業1113社を対象にランキングを行った。

なお、『CSR企業白書』2022年版には同ランキング上位600社まで掲載している。また、電子書籍『東洋経済CSRデータeBook2022 障害者雇用取り組み編』には、障害者雇用率だけでなく、特例子会社の有無、各社の障害者雇用への取り組み情報などを1560社掲載している(企業により情報量に差はある)。

1位は5年連続でゼネラルパートナーズ

ランキング1位はゼネラルパートナーズ。雇用率は17.9%、雇用人数は39人で5年連続トップとなった。同社は障害者向けの人材紹介や求人情報サービスを提供するほか、精神障害を持つ人が安定的に働ける農業事業所も運営しており、自社の雇用率でもトップとなった。障害者雇用だけではなく、シングルマザー支援事業やダイバーシティに関するメディアを複数運営するなど、社会課題解決型の事業を展開している。

『CSR企業総覧2022年版(雇用・人材活用編)』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると販売サイトにジャンプします

2位は食品トレーや弁当・総菜容器最大手のエフピコ。雇用率は12.7%(人数362人、以下同様)で上場企業ではトップだ。特例子会社エフピコダックスなどを中心に、全国16カ所の事業所で障害者に雇用機会を提供している。リサイクル工程を中心に障害者雇用を進めることで、環境対応と障害者雇用に同時に取り組むほか、取引先の障害者雇用サポートも手がける。

3位はエンタテインメント企業のエイベックスで7.40%(14人)。障害者向けにバリアフリーのサテライトオフィスを設け、バックオフィス業務を任せるほか、障害者アスリートの雇用にも積極的だ。障害者向けにカウンセラーを配置し、雇用の安定化にも取り組んでいる。

次ページ4位に入った企業は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT