東大生が断言「学びが速い人」「遅い人」性格の違い 勉強には「失敗を恐れない図太さ」が不可欠だ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

東大生が優れているのは、この「間違えてもいい」という精神だと僕は思います。

こういう言い方をしたら少し変かもしれませんが、そもそも「東大を目指そう」なんて、なかなか思わないですよね。「自分が行ける選択肢はどれかな」「失敗しない道はどこだろう」と考えるのが普通だと思います。「自分はもっと上に行けるはずだ」なんて思えること自体が、ちょっと普通ではありません。

東大生が真に優れているのは、失敗するかもしれない東大という道をわざわざ選んで、突き進んだ点にあるのではないでしょうか。

その証拠というわけではありませんが、やはり授業でもゼミでも、東大生は積極的に発言して、「自分はこう思う」と意見を表明する機会を嫌がりません。

むしろ自分の考えを聞いてもらって、それに対してフィードバックをもらうことで、自分の思考を高めたいと思っている人が多いのです。

このように、失敗を恐れない勇気、あるいは失敗しても平気な図太さが、東大生の頭のよさをつくっているといえるのです。

独学とは「成功」ではなく「挑戦」を積み重ねる行為

違う角度から、この「失敗から学ぶ」についてお話しします。

そもそも勉強という行為は、今の自分よりももっとできることを増やす行為です。「できない」を「できる」に変えるために、僕らは勉強をしているはずです。

その中で、「成功」だけを積み重ねているのはどういう状態かといえば、「できる範囲の中で楽しんでいるだけ」でしかありません。

「できない」に目を向けずに、ただ「できる」の中でひたすら盛り上がっているだけなのです。「海で泳ぎたい」と練習しているはずなのに、ビーチで遊んでいるようなものです。

海に行きましょう。溺れるかもしれないし、くらげに刺されるかもしれないし、うまくいかないかもしれません。

でも、それでいいんです。何が「できない」のか、逆に何が「できる」のか。それをたしかめるんです。そうしなければ、勉強は絶対にうまくいきません。

次ページ失敗は、「失敗ではなく検証」だ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT