スーツは「テーラード」で、ずっと愉しくなる

プロが考える「男にとってのスーツ」とは?

HAVERSACKの乗秀幸次氏

乗秀 僕にとってスーツはカバーオールと同じぐらいの位置付けです。スーツって、Gジャンとジーパンのセットアップにタイドアップするぐらいの感覚でいい。それぐらいカジュアルにスーツを着ていいと思うんです。それに昔よりスーツの幅も広がっているでしょ。変わった素材のスーツもたくさんありますよね。昔だったらシャツ生地でスーツを仕立てるなんて、考えられなかったのに。長く愛着を持って着てこそスーツだと思われていましたが、いまでは流行として一過性のスーツを着ることも許される時代だと思います。

スーツの重要な意味は、気分を上げること

松尾 もっと多くの人に普段からスーツを着てほしいと思います。世の中がカジュアル化していくなかで、タイドアップしてきちんとスーツを着ることを紹介する雑誌が少なくなってきています。世の中とは逆行するかもしれませんが、THE RAKE JAPANではきちんとスーツを着ることを提案していきたいんです。

スーツを着ることの重要な意味は、気分を上げることにあります。スーツって元々戦闘服ですから、着ることで気分を上げる。気分を上げるための材料としてスーツを活用するんです。ちょっとしたレストランに行くときスーツを着ていくと、スーツを着ているという自身の気分そのものも楽しめるはずです。

THE RAKE JAPANの松尾健太郎編集長

有田 レストランやバーでスーツを着ていくのは、その空間の一部に溶け込むことだと思っています。自分自身が空間の一部、インテリアの一部であるという意識を持って店に行けば、その店の雰囲気はとても良くなります。かつて男たちはバーで男を磨きました。そこではお酒の飲み方やタバコの吸い方だけでなく、スーツの着方も学べる場所だったのです。

スーツが似合う男になるために、必要なのはスーツを着ていく機会と場所。

松尾 もう1年半ほど、服好きな男性を紹介するブログを書いているのですが、ある程度おしゃれな人ほど、さらりとスーツを着ているように思います。一番多いのは、紺無地のスーツに白いシャツ。おしゃれを極めるとネイビーのスーツを着る。そこがひとつの終着点なのかもしれないとさえ思います。

次ページ大事なことは人間そのものがカッコよくなること
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT