"動的な独占"こそが、技術革新を加速する

ピーター・ティールが語る「成功する起業」

もし100年ものあいだ何も社会が変わらないことを前提とした独占であれば、これは社会に対する税金であり、悪い状態になっていく。逆にアップルのiPhoneのような非常に優れたスマートフォンの例は、社会を動的にするうえ、良い方向に変えていく良い独占です。

もう一つ付け加えると、米国における独占を巡る動きを振り返ってみますと、1970年代にはIBM、そして1990年代にはマイクロソフトに対して米国政府が独占に対して疑いの目を向けました。

そのタイミングを見ると、70年代にはちょうど世の中がハードウェアからソフトウェアに変わろうとしている時でした。そして1990年代はデスクトップからインターネットへと移行しようとしていた時期とちょうど重なります。このように、既存企業による独占が弊害をもたらし、精査が必要な時代に政府が行動を起こしていると言えます。

「動的な独占」と「静的な独占」

――独占企業が技術の進化を止めるのを防ぐために、当局が動くということでしょうか。

政府は企業が守りの静的な独占状態に入ろうとした時に独禁法の規制をするべきです。ただ、政府は技術の動きを止めてはならない。ソフトウェアやコンピュータの企業というのは、独占状態になりがちで、しかも非常に利益率が高い。そのため批判されることもあるが、動的な状態にあれば、その企業の独占状態は正しい。

独占状態にあるからこそ、優秀な人材や投資がひとつの企業に集まってくる。独占をしやすい業界というのは、優秀な人材や資本を引き付ける産業でもあるのです。優秀な人材や資本が集まるからこそ、イノベーションが起こる。動的な独占は、非常に望ましいと言えるわけです。

逆の例として考えられるのはクリーンテクノロジーです。この業界は、非常に独占がしにくい。そのため、クリーンエネルギーの分野では価格決定力を持ちにくく、失敗する企業が多く出ています。優秀な人材や資本がが集約することもない。そのため、なかなか成功事例が出てこないのです。

後編:「気の合うチーム」がゼロからイチを生み出す

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT