「ファナックのバランスシートは非効率だ」

株式を取得した米サードポイントが指摘

 2月20日、米ヘッジファンド、サード・ポイントを率いるダニエル・ローブ氏は、先に株式取得が明らかになったファナックの設備投資計画について、資本の利用が非常に非効率であることへの対応策にはならないとの見解を明らかにした。写真は、サード・ポイントを率いるダニエル・ローブ氏、2012年撮影(2015年 ロイター/Steve Marcus)

[東京 20日 ロイター] - 米ヘッジファンド、サード・ポイントを率いるダニエル・ローブ氏は、先に株式取得が明らかになったファナック<6954.T>の設備投資計画について、資本の利用が非常に非効率であることへの対応策にはならないとの見解を明らかにした。

ロイターの書面でのインタビューに答えた。

ローブ氏は「生産能力拡大のための投資は好ましい」とする一方で「非効率なバランスシート」は依然として大きな問題と述べた。

また、ファナックの株は「現在、かなり過小評価されている」とし、資本配分を改善させるのに適した時期だとの見方を示した。

ファナックは16日、新たな工場に1000億円を投資すると発表。サード・ポイントが自社株買いを求めていることとは無関係だとした。

ローブ氏は1月に送った書簡について、ファナックから直接の返答はないと説明。また、ファナック株式の取得でサードポイントは最大級の株主となると明らかにした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。