「ファナックのバランスシートは非効率だ」

株式を取得した米サードポイントが指摘

 2月20日、米ヘッジファンド、サード・ポイントを率いるダニエル・ローブ氏は、先に株式取得が明らかになったファナックの設備投資計画について、資本の利用が非常に非効率であることへの対応策にはならないとの見解を明らかにした。写真は、サード・ポイントを率いるダニエル・ローブ氏、2012年撮影(2015年 ロイター/Steve Marcus)

[東京 20日 ロイター] - 米ヘッジファンド、サード・ポイントを率いるダニエル・ローブ氏は、先に株式取得が明らかになったファナック<6954.T>の設備投資計画について、資本の利用が非常に非効率であることへの対応策にはならないとの見解を明らかにした。

ロイターの書面でのインタビューに答えた。

ローブ氏は「生産能力拡大のための投資は好ましい」とする一方で「非効率なバランスシート」は依然として大きな問題と述べた。

また、ファナックの株は「現在、かなり過小評価されている」とし、資本配分を改善させるのに適した時期だとの見方を示した。

ファナックは16日、新たな工場に1000億円を投資すると発表。サード・ポイントが自社株買いを求めていることとは無関係だとした。

ローブ氏は1月に送った書簡について、ファナックから直接の返答はないと説明。また、ファナック株式の取得でサードポイントは最大級の株主となると明らかにした。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。