G7で最下位「日本の労働生産性」がこうも低い理由 「LayerX福島良典×ナレッジワーク川中真耶」

拡大
縮小
LayerX CEOの福島良典さんとナレッジワーク CTOの川中真耶さん
業界をリードする二人に、業務効率化を阻む壁をいかにテクノロジーで突破すべきか論じてもらった(写真:エンジニアtype編集部)
この記事の画像を見る(4枚)

コロナ禍や少子高齢化を背景に多様な働き方が模索される中、「業務効率化」への関心が高まっている。

しかし、日本は1時間あたりの付加価値で表される労働生産性が主要7カ国の中で最下位。アメリカの就業1時間あたりの付加価値「80.5ドル」の6割にあたる、「49.5ドル」と低迷しているのが実情だ(日本生産性本部調べ)。

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

この現状への危機感を声高に訴えるのが、法人支出管理SaaSバクラクシリーズの提供を通じて、企業の業務効率化を支援するLayerX CEOの福島良典さんと、ナレッジワーク CTOの川中真耶さん。

今回は、業界をリードする二人に、業務効率化を阻む壁をいかにテクノロジーで突破すべきか論じてもらった。

日本の労働生産性が低い要因は?

——福島さんは法人支出管理を効率化する『バクラク』、川中さんは営業プロセスの生産性を高める『ナレッジワーク』をクラウドサービスで提供しています。日本の労働生産性の低さに関して、どのような課題意識を持ち、経営をされているのでしょうか。

福島:日本全体で法人支出管理(請求書の処理や、経費申請に関連する事務作業)にどれだけコストを要しているかご存じですか? 実は人件費換算で年間3.3兆円もかけているんです。これは途方もないムダと言わざるを得ません。

福島良典さん
株式会社LayerX 代表取締役CEO 福島良典さん
東京大学大学院工学系研究科卒。大学時代の専攻はコンピュータサイエンス、機械学習。2012年大学院在学中に株式会社Gunosyを創業、代表取締役に就任し、創業よりおよそ2年半で東証マザーズに上場。後に東証一部に市場変更。18年にLayerXの代表取締役CEOに就任。12年度IPA未踏スーパークリエータ認定。16年Forbes Asiaよりアジアを代表する「30歳未満」に選出。17年言語処理学会で論文賞受賞(共著)(写真:エンジニアtype)
次ページはびこる非効率な業務
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT