ダイムラーがベンツ約15万台をリコール

エンジンルームに不具合、中国とドイツで

 2月16日、ドイツ自動車大手ダイムラーは、中国とドイツで販売された主力高級乗用車ブランド「メルセデス・ベンツ」約14万9000台を対象に、安全上の理由でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。ドイツで5日撮影(2015年 ロイター/Ralph Orlowski )

[フランクフルト 16日 ロイター] - ドイツ自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>は16日、中国とドイツで販売された主力高級乗用車ブランド「メルセデス・ベンツ」約14万9000台を対象に、安全上の理由でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

エンジン室の断熱板を固定するシールが緩む可能性があり、まれに断熱板が高い温度の部品と接触する恐れがあるという。

対象となるのはEクラスとCLSクラスで、中国で12万7000台、ドイツで2万2000台。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。