ダイムラーがベンツ約15万台をリコール

エンジンルームに不具合、中国とドイツで

 2月16日、ドイツ自動車大手ダイムラーは、中国とドイツで販売された主力高級乗用車ブランド「メルセデス・ベンツ」約14万9000台を対象に、安全上の理由でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。ドイツで5日撮影(2015年 ロイター/Ralph Orlowski )

[フランクフルト 16日 ロイター] - ドイツ自動車大手ダイムラー<DAIGn.DE>は16日、中国とドイツで販売された主力高級乗用車ブランド「メルセデス・ベンツ」約14万9000台を対象に、安全上の理由でリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

エンジン室の断熱板を固定するシールが緩む可能性があり、まれに断熱板が高い温度の部品と接触する恐れがあるという。

対象となるのはEクラスとCLSクラスで、中国で12万7000台、ドイツで2万2000台。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。