「ロッキー」権利持たないスタローンの不条理事情 脚本、監督手掛けた作品を取り戻す最後の戦い

印刷
A
A
アカデミー賞のレッドカーペットを歩くシルヴェスター・スタローン(写真:MONICA ALMEIDA/New York Times)

シルヴェスター・スタローン(76)が、積年の怒りを爆発させた。自分が考案・主演し、多くの利益をもたらしてきた『ロッキー』の所有権をまるで持っていないという不条理な事実について、プロデューサーのアーウィン・ウィンクラー(91)にあらためてモノ申したのだ。

先週、スタローンは、ナイフの形の舌を持つ蛇の形をしたウィンクラーの画像をインスタグラムに投稿。その下には、「アーウィンは47年も『ロッキー』と『クリード』をコントロールしてきた。私は、少しでもいいから、残った権利を取り戻したいのだ。あなたの子供たちだけに渡ってしまう前に。この91歳のジェントルマンがそうしてくれるのはフェアなことだと私は思うのだが?」とのメッセージが書かれていた。これは「自分の魂が蝕まれるほど」持ち出すのが辛い話題だが、自分はどうしてもわが子たちに『ロッキー』を遺したいのだとも、スタローンは続けている。

この投稿は、その後、取り下げられた。心からのお願いをしておきながらなぜ削除したのかはわからないが、メッセージにも触れられているとおり、スタローンがこのことを持ち出したのは初めてではない。彼がウィンクラーに自分も権利が欲しいと初めて申し出たのは、『ロッキー3』が公開された後のこと。だが、その後続編が3本と、スピンオフの『クリード』が2本作られても、その願いはかなわないままで来ている。そうなったのは、まず、始まりのせい。さらに、その後の彼のキャリアも少し関係している。

『ロッキー』を機にどん底から這い上がった

スタローンが『ロッキー』の構想を思いついたのは、彼が無名俳優だった28歳の時。ホームレスを経験したり、家賃を払うためにポルノ映画に出たりするなど苦労を重ねてきた彼は、ある日、モハメド・アリとチャック・ウェプナーの試合を見て感激。ここからフィラデルフィアの無名ボクサーの話を思いつき、わずか3日半で『ロッキー』の脚本を書き上げた。

それを持ってあちこちのスタジオに売り込みをかける中で、興味を持ってくれたのが、ウィンクラーとロバート・チャートフだ。彼らはロバート・レッドフォードやバート・レイノルズ、ライアン・オニールなど人気スターの主演でこれを作ろうとしたが、スタローンは、自分が主役をやらせてもらえないなら権利を売らないと強く主張。最終的にウィンクラーらはスタローンの要求を呑み、『ロッキー』の権利はスタローンの手を離れた。

次ページ出演料は微々たる金額だった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT