【産業天気図・ビール/飲料】第3のビールの競争激化、緑茶戦争もヒートアップ

ビール業界にとって、05年の話題は、ビール風味アルコール飲料。原料の関係で酒税法ではビールでも発泡酒でもない、いわゆる「第3のビール」とも呼ばれるものだ。
 昨年、サッポロホールディングスがエンドウタンパクを原料にした「ドラフトワン」を大ヒットさせた。同種のものを昨年に発売していたサントリーだけでなく、2強のアサヒビール、キリンビールも今年春からそれぞれ「新生」「のどごし生」を発売する。ドラフトワンは発泡酒より安くてすっきりした味で新たな顧客ニーズを開拓したが、ビール4社の競合により、今後は発泡酒との食い合いが予想される。
 そもそもアルコール市場は、社会の高年齢化やアルコールの消費減退もあって、減少傾向が続いている。今年は前年を割り込む可能性が高い。いかに魅力的な商品を投入できるかが勝負だが、決定打は出ていない。
 清涼飲料業界の話題は、緑茶戦争。サントリーが昨年「伊右衛門」を大ヒットさせたことをきっかけに競争がヒートアップ。無糖茶は市場が拡大しており、昨年のように猛暑がなくても清涼飲料全体では3%程度は伸びそうだ。業界全体としては『晴れ時々曇り』の空模様が続こう。
【長谷川隆記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。