ドル一時119円台、米雇用統計を好感

FRBは今年半ばまでに利上げか

 2月6日、中盤のニューヨーク市場はドルが上昇した。写真はドル紙幣。ソウルの銀行で2013年8月撮影(2015年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日中盤のニューヨーク外為市場は、ドルが主要通貨に対して上昇した。朝方発表された1月の米雇用統計が底堅く、米連邦準備理事会(FRB)が今年半ばまでに利上げに踏み切るとの見方が広がった。

1月は非農業部門の新規就業者数の伸びが25万7000人と市場予想の23万4000人を上回った。時間当たりの賃金も増加したほか、昨年11月と12月の数字も大幅な上方修正となった。

ドル/円<JPY=>は約3週間半ぶりの高値となる118.995円をつけた後、1.22%高の118.96円で取引された。

ユーロ/ドル<EUR=>は1.31%安の1.13275ドルだった。

ドル/スイスフラン<CHF=>は0.73%高の0.92805スイスフランだった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。