ドル一時119円台、米雇用統計を好感

FRBは今年半ばまでに利上げか

 2月6日、中盤のニューヨーク市場はドルが上昇した。写真はドル紙幣。ソウルの銀行で2013年8月撮影(2015年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日中盤のニューヨーク外為市場は、ドルが主要通貨に対して上昇した。朝方発表された1月の米雇用統計が底堅く、米連邦準備理事会(FRB)が今年半ばまでに利上げに踏み切るとの見方が広がった。

1月は非農業部門の新規就業者数の伸びが25万7000人と市場予想の23万4000人を上回った。時間当たりの賃金も増加したほか、昨年11月と12月の数字も大幅な上方修正となった。

ドル/円<JPY=>は約3週間半ぶりの高値となる118.995円をつけた後、1.22%高の118.96円で取引された。

ユーロ/ドル<EUR=>は1.31%安の1.13275ドルだった。

ドル/スイスフラン<CHF=>は0.73%高の0.92805スイスフランだった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT