「街歩き as a Service」ゼンリン+長崎の試み 産学官連携の観光アプリ「STLOCAL」の有用性

印刷
A
A

そして同年4月、ゼンリンは長崎市内に研究開発拠点を設け、翌2021年7月に長崎市と包括連携協定締結へとつながっていく。

長崎市役所の外観(筆者撮影)

包括連携協定では、「安全・安心な暮らしの実現」についてデジタル防災マップ、「教育環境の充実」では地図で学ぶコンピューターのプログラミング、そして「交流人口の拡大」「快適な移動環境の実現」「デジタル化の推進」という観点から、観光客向けスマートフォンアプリであるSTLOCALが生まれている。STOLOCALは、ゼンリンの独自開発だ。

2021年12月にSTLOCAL専用ホームページを立ち上げ、2022年3月16日にアプリ提供を開始。2022年3月23日には、長崎市の田上富久市長やゼンリンの高山善司社長が出席して、STLOCALのスターティングセレモニーを行っている。

5つのST+LOCAL=STLOCAL

藤尾氏は「STLOCALの目的は2つある」と指摘する。1つは、観光型MaaSでの収益化だ。

一般的な観光型MaaSでは、チケット販売からの手数料収入がMaaS事業者の収益となるが、その額は限定的だ。そのため、ビジネスモデルをさらに広めて、観光体験型の物販などを継続的に行う仕組み作りを進めている。

もう1つが、ゼンリンがこれまで構築してきた「モビリティ・ベースド・ネットワーク」におけるAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)の提供についての議論を進めることだ。

鉄道路線、自動車用ネットワーク、歩行者用ネットワークのAPIを統一して、地図と連動することで地図情報サービスを成立させる。そのためには、交通事業者や自動車メーカーからのプローブ情報(実際の走行車両から得られた情報)や地方自治体からの基礎データなどだけではなく、ゼンリンが自主的に構築できるデータの実例が必要だ。

JR長崎駅で見かけたSTLOCALの広告(筆者撮影)

藤尾氏は「ゼンリン自らSTLOCAL事業に積極的に投資し、長崎市からは交通、観光、民泊などの関係者を紹介してもらうなど、さまざまな情報提供を受ける体系にした」と事業の実情に触れた。

ゼンリンでは、地域密着型の「マイクロMaaS」を提唱している。STLOCALというネーミングには、「道(Street)や駅(Station)から散歩(Stroll)し、滞在(Stay)することで、あなただけの旅物語(Story)を、その場所(Local)でつなげたい」という想いが込められている。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT