あなたの、私の“つぶやき”で、選挙の当落や株価が分かる!?

Twitter(ツイッター)のリオン・スノウ氏が、つぶやきを使った未来予測に関し、米カリフォルニア州のサンタクララ・コンベンションセンターで講演した。ストラタ(地層)会議では大量のデータを使って、何ができるのかが3日間にわたって論じられた。大量データからの収益を出す方法、政府の持つ大容量のデータの内容など多彩な議題で論じられたが、最も盛況だったのは既存のデータからの未来予測であった。

ツイッターでつぶやかれた数、その内容といったデータを分析すれば、選挙、株価予想、映画のヒット作、人気商品の売り出し日、インフルエンザの流行などがかなりの確率で予測できると学術的に証明されていると、スノウ氏は講演。ちなみに同氏はツイッター社の関連性と発見(Relevance and Discovery)技術のチームのリーダーだ。スノウ氏はスタンフォード大のコンピュータ・サイエンス博士号を持ち、グーグルやマイクロソフトの研究所でも働いていた。

昨年の米国の中間選挙でCNN、ワシントンポスト、ニューヨーク・タイムズほか、複数のメディアがツイッターに書き込まれるつぶやきをニュースで使ったり、ウォッチングしていた。それに加えて、どの候補者のツイッターの数が多いか、それなりに押さえていたメディアもあったようだ。

もし、ツイッターの選挙関連のつぶやきを分析するだけで当落が高い確率で予測できるなら、大手新聞社、テレビ局らは、アルバイトを大量に雇って選挙世論調査を行わなくてもいいことになる。大幅に経費を削減しつつ、簡単に選挙の結果を予想できるというわけなのだ。

ストラタ会議でスノウ氏は、政治的配慮からなのか、2010年5月の直近選挙という理由なのか、米国ではなく、イギリスの選挙での「つぶやき」の影響を話した。ディビッド・キャメロン首相が選ばれるまでの選挙などでツイッターを含むソーシャルメディアの影響が、スコットランドのエディンバラ大学情報学部で討議されている。

また、米カーネギー・メロン大学は、08年の米大統領選の例から、つぶやき分析を行った。当時候補者だったバラク・オバマ氏とジョン・マケイン氏の2人に関するつぶやきを集めた分析結果が、世論調査と類似の結果が出るとした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT