アマゾンが社員に「LinkedIn」を使わせる理由 世界的人材争奪戦に勝つためのあの手この手

印刷
A
A

アメリカのアマゾンが人材獲得に必死になっている一つの例をご紹介しましょう。それは、大学の授業料を払う代わりに、学生に卒業後、アマゾンに入社してもらう制度です。

いまアメリカでは大学の授業料が高騰しており、州立大学でも4年間で1000万円かかります。同州の住人は優遇されるけれど、それでも400万〜500万円かかる。いわゆるアイビーリーグなどの名門私立校は、1年間で1000万円です。それを肩代わりするのです。

アマゾンの入社は学歴不問

この制度には人材不足の解消以外にもう一つ目的があります。それは飛び級して大学に入るような天才をつかまえること。シアトルでは16歳ぐらいの大学生も珍しくありません。そんな優秀な頭脳を、将来の社員として確保しておく目的もあると聞いています。

ちなみにアマゾンの採用では、学歴はあまり重視しません。

とはいえ経営陣に近いレベルでは、関係するケースもあります。VPであればMBAを取っていないとか、もしくはマスタークラスの資格を持っていない場合は、それをカバーするだけの実績がなければ採用にはならないのではないでしょうか。

しかし、基本的には学歴不問だと思ってもらっていいでしょう。

アマゾン時代、私のボスは、私についてよく冗談で、「お前みたいな三流大学出でもGMになれるんだから、うちの会社は学歴は関係ないよな」とよく言っていました。もちろん冗談で言っているにしても、あまり学歴が左右するということはありません。

高卒でもカスタマーサービスからキャリアをスタートして、シニアマネジャークラスになった人もいます。

私がアマゾンにいたときのワールドワイド・カスタマーサービスのトップだったVPは、大学は出ていましたが、キャリアのスタートはコールセンターのオペレーターです。社内のレベルでいえばL1です。でも、マネジメント力やリーダーシップもあった人なので、入社後12~13年でVPにまでなりました。

アマゾンではきちんと結果を見て公平に処遇してくれるので、力のある人は必ずそれなりのポジションに行けるのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT