「CX-60」やっと実現できた魂動デザインの源流 生き物のような造形を叶えた「FR骨格」の優美

印刷
A
A
先にヨーロッパで発表された「MAZDA CX-60」。日本では「初秋登場」としている(写真:Mazda Motor Europe)

マツダが「ラージ商品群」と呼ぶ上級シリーズの第1弾である「MAZDA CX-60」の日本仕様を発表したのは、4月7日のことだった。

多くの人の興味は、直列6気筒エンジンと縦置きプラットフォームを活かした走りがどうなのか、だろう。現にマツダ自身、「ドライビングエンターテインメントSUV」をコンセプトとしている。

ただし、広報資料ではCX-60 が持つ魅力について「1: 運転する愉しさ」「2: 安心安全」「3: デザイン」と、3つの項目の中にデザインが含まれており、項目ごとの記述には「魂動(こどう)デザインの深化とステップアップを体現」とある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

つまり、CX-60もまた2012年発売の初代「CX-5」から続く魂動デザインの延長線上にあるというわけだ。

とはいえ、CX-60の形からは、これまでの魂動デザインとはやや異なる方向性も感じる。それはデザインコンセプトの「Noble Toughness(ノーブル タフネス)」という言葉にも表れている。ノーブルとは「気高い」「威厳がある」という意味だ。タフネスは説明不要だろう。

ようやく魂動デザインの源流に

資料では、「堂々とした骨格やインテリアのタフさの中に、魂動デザインの知性やエレガンスを織り込んだ」と説明している。後半が従来からよく見られた説明なのに対し、「堂々」や「タフ」は、最近のマツダではあまり使われてこなかった言葉だ。

それを象徴するのがフロントマスクで、全体的にどっしりしている。広報資料でも、直列6気筒エンジンを縦置きするSUVらしい、“風格のある分厚いフェイス”と解説している。

FRプラットフォームによりロングノーズが強調されるプロポーションとなった(写真:Mazda Motor Europe)

サイドからの眺めでは、長いノーズと後ろ寄りのキャビンが特徴だ。直列6気筒エンジンを縦置きし、後輪を駆動するFRレイアウトならではのパッケージングである。ダイナミックな動きとともに、SUVらしい力強い骨格を感じさせるプロポーションだ。

そもそも魂動デザインは、「クルマに生命を宿す」という考えから生まれ、生き物が疾走するような造形を目標としていた。前足を伸ばして方向を定め、後ろ足で大地を蹴って進む動物の走りに近いのは後輪駆動であり、「ロードスター」以外でようやく、魂動デザインの源流に見合った骨格を手に入れたことになる。

ボディパネルでは、「艶」を感じるシンプルかつエレガントな造形を心がけたとのこと。

次ページ違和感があるのは一点だけ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT