2010年広告市場、ネットの成長回復、テレビは下げ止まるが、新聞・雑誌の凋落止まらず

大手広告代理店の電通は、23日、2010年の日本の広告費集計を発表した。それによると、総広告費は5兆8427億円、前年比では1.3%のマイナスとなった。08年から3年連続のマイナスとなったが、マイナス幅はリーマンショックの影響が大きかった09年の11.5%から大きく縮小した。

主要媒体別にみると最大のテレビが1兆7321億円で前年比1.1%増とプラスに転じた。一方、新聞は6396億円(同▲5.1%)、雑誌は2733億円(同▲9.9%)、ラジオは1299億円(同▲5.2%)と依然として下げどまらない。

 上記マスコミ4媒体に対して、インターネット広告は7747億円(うちモバイル1201億円、検索連動広告2035億円)となり、前年比9.6%増と高い成長率を取り戻した。インターネット広告は09年、新聞を抜いて第2位の媒体となったが、その差を一段と広げた。

圧倒的なリーチ力を持つテレビこそ踏みとどまったものの、新聞・雑誌・ラジオから、インターネットへ広告需要の移行は止まりそうもない。

(東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT