「マンピーのG★SPOT」芥川龍之介が出てくる痛快 「洋楽の肉体性への欲求」とデタラメ言葉の遊び心

印刷
A
A

では、「マンピーのG★SPOT」のような言葉に、桑田佳祐を向かわせたモチベーションは何なのだろう。単純なサービス精神や遊び心によって、なのだろうか。

私が思うのは「洋楽の肉体性」への欲求である。

そもそも洋楽には、黒人音楽も含めて、エロティックな歌詞の曲は山ほどある。日本人が知る中では、比較的上品な部類のビートルズでさえ「道路でヤろうぜ」(《Why Donʼt We Do It In The Road?》)という曲があるくらいなのだから。

しかし、洋楽フリークだった桑田佳祐少年が耳にした、日本のグループサウンズやフォークの歌詞はどうだったか。ビートルズへの思いを押し殺し、「花・星・夢」など少女趣味的な単語で塗り固められたグループサウンズの歌詞、ボブ・ディランへの思いを押し殺し、四畳半でキャベツかじりながら銭湯に通うようなフォークの歌詞。

さらに、日本(語)のロックが勃興し始めても、歌詞は「♪風をあつめて 蒼空を翔(か)けたいんです」であったり「♪君はFunky Monkey Baby」であったりと、今ひとつしっくりこなかったのではないか。

♪風をあつめて 蒼空を翔けたいんです
アーティスト:はっぴいえんど
作詞:松本隆
作曲:細野晴臣
♪君はFunky Monkey Baby
アーティスト:キャロル
作詞:大倉洋一
作曲:矢沢永吉

桑田少年にはすべて借り物の言葉に聞こえた?

桑田佳祐少年には、すべて借り物の言葉に聴こえたと思うのだ。そして、一部の洋楽のように、もっと肉体的で、下半身からストレートに撒き散らされるような言葉で歌いたくなったのではないか。その結果が《女呼んでブギ》であり、《マンピーのG★SPOT》だった。

肉体的な表現には強いインパクトが宿る。強いインパクトには広い一般性が宿る。なのに他の音楽家は、恥ずかしいのか面倒くさいのか、肉体的な言葉からは距離を置き続ける。結果、桑田佳祐には、「洋楽の肉体性」による先行者利益が、未だに保たれている状態と言えるだろう。

サビのメロディを階名で示せば「♪あれは・マンピーの・Gスポット」が「♪ミソラッ・ドララ・ドーッド」(キーはEm)。「♪(マン)ピーの」で「♪ラ→ラ」と1オクターブ急降下するのが面白い。

ポイントは「マン(ピー)」。ド(実音でG)という最高音であることと、かつ1拍目が休符になっていること(♪あれは・ウン=休符・マンピーの)によって、2拍目の「マン」の音に肉体的なエネルギーが爆発する。

次ページ極めて肉体的な歌い方に昇華
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT