1本5000円「幻のビール」、飲んでわかった"凄み" 度数8.5%と高めだが、飲みづらさは一切なし

印刷
A
A
1本5000円もする、入手困難という話題のビールの正体とは
この記事の画像を見る(6枚)
1本5000円もするのに抽選販売でしか買えない幻のビール「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」の〈木樽熟成〉シリーズ。今年は「白州」の木樽で熟成された〈白州原酒樽熟成〉が登場。ひと足お先に飲んできましたよ。

1本約5000円の超高額ビール

このところ街にはクラフトビールの店が増え、ひと昔前では考えられないほど多くの種類のビールを飲むことができます。

本記事はLEON.JPの提供記事です

ただし、ちょっとお洒落なビアバーでは一杯1000円を超えるビールも当たり前。家飲み用には安くて美味しいビールが次々と発売される一方で、高級化も確実に加速しており、二極化の波はここにも来たかという感じです。

でもそれによって、ビールは「とりあえずの一杯」から「それ自体が目的」まで、楽しみ方の多様性を増してきたとも言えるわけで、酒カルチャーの広がりを素直に喜ぶべきなのでしょう。

で、そんな高級ビールの象徴ともいえる一本が、今回、ご紹介するサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈白州原酒樽熟成〉」。そもそもが抽選販売でしか購入できないレアビールなのですが、瓶(715ml)の「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈白州原酒樽熟成〉」1本と缶(350ml)の「同 マスターズドリーム無濾過」2本をセットで5600円(税込)。つまり瓶は1本約5000円という超高額ビールなのです。

「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム〈白州原酒樽熟成〉2022」セット

こちらはサントリーが作る最高峰のビール「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」を人気のシングルモルトウイスキー「白州」に使用した木樽で熟成させたビール。

元々、海外のビールづくりにおいては、ワインやウイスキーの木樽でビールを寝かせる製法は珍しいものではないのだそう。サントリーにはウイスキーづくりで培った木樽が財産として多くストックされていたので、これを使ったおいしい樽熟成ビールをつくりたいという醸造家の夢を実現するプロジェクトがスタート。

次ページどんなビールをどんな樽でどれくらい寝かせるかが難しい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT