ソニーなど3社、アジアでビデオ配信事業へ

ハリウッド作品のほか現地作品も配信

東京・品川のソニー本社(撮影:今井康一)

[シンガポール 30日 ロイター] - シンガポール・テレコミュニケーションズ(シングテル)STEL.SI>と、ソニー・ピクチャーズテレビジョン(SPT)、ワーナー・ブラザーズ・エンターテイメントの3社は30日、アジア域内でビデオサービスを提供する合弁会社「HOOQ」を設立したことを明らかにした。

シングテルが発表した声明によると、「HOOQ」は、ハリウッドのヒット作やテレビシリーズのほか、アジアの映画やプログラムを配信する予定。ユーザーは作品のストリーミングやダウンロードができる。

サービスは2015年第1・四半期中にも開始する予定で、インドネシア、フィリピン、インド、タイなどで順次、導入するとしている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。